転職において中小企業を選ぶメリットの見分け方

同じ転職をするのなら、中小企業や零細企業よりも大企業・有名企業を選びたいと考えるのは自然なことです。しかし今日の経済環境では、名だたる有名企業が赤字決算で事業を縮小しているのもニュースで報じられる通りです。もしそのような企業で生き残れば大きな報酬を得られるでしょうが、そうでなければ事業縮小とともに席がなくなることもあります。 一方中小企業はどうでしょうか。製造業であれば顧客の言うがままになって利益が縮小している事実は確かにあります。しかし転職にあたって情報収集に励んでいれば、知名度とは無関係に優良企業を見つけることは不可能ではありません。例えば自動車メーカーにプラスチック部品や金属部品を納入する中小のメーカーはたくさんあります。その場合は自動車メーカーの購買サイドはコストダウンで圧力をかける余地があります。応じなければ転注も容易だからです。しかし固有の技術を持ったメーカーであれば、中小であろうと零細であろうと他に代わる業者がいないのです。その場合には価格折衝で優位に立てるというメリットがあります。 メリットは他にもあります。今日では自動車メーカーも海外に転出しています。そのため産業構造の空洞化が進むのですが、固有技術があればなお生き残りが可能なのです。 したがって技術開発に熱心である、マーケティング戦略に長けている、という情報をつかめば中小企業とはいえ転職のメリットは大いにあるのです。 転職サイト ランキングを参考にして転職サイトを選ぶという方法があります。

転職先に中小企業を選ぶデメリットについて

企業同士の取引にはフェアであるという観念が必要です。資本力で有利・不利が決まってしまうのは、本来あるべき姿ではありません。しかし中小企業や零細企業では、顧客メーカーから様々な圧力を受けてそれが利益を圧迫するという事象は残念ながら多々あります。そのことをもって転職にあたり中小企業を選ぶのはデメリットであるという認識は間違っていません。 例えば自動車産業はどうなっているでしょうか。自動車メーカーは、協力会社の中小企業を3つの尺度で測っています。第一に納入異常がないこと、第二に品質異常がないこと、第三にコストダウン要請に応えていること、です。この3つの項目を点数化し、総合点が高い協力会社には次の仕事を約束し、低い協力会社には仕事のチャンスを与えない、という選別をします。 第一と第二の項目は当然であろうと見る向きもあるでしょう。しかし第三のコストダウン要請はあまりに苛烈であり、その価格では納入や品質の保証はできかねる、という事情もあるのです。このあたりの八方ふさがりの様相から、中小企業への転職がデメリットであると考えるのも自然なことです。 しかし全ての中小企業がこのような辛酸をなめている訳ではありません。技術開発に熱心で固有の技術をもち、マーケティングにも長けている企業です。中には有名無名を問わず優秀な企業もあり、むしろ顧客メーカーに対しても優位性を発揮する企業もあります。 転職エージェントは転職するために必要な情報、コネクションなど様々な有益な情報を持っています。

更新履歴


このページの先頭へ戻る